演奏するならなになに?は、音楽に関する情報が満載!

ボイストレーニングの方法とその効果について

ボイストレーニングは、歌手や音楽講師などのボーカルの仕事をしている人や、演劇、ミュージカルの稽古などで行われます。
またそれ以外にも、百貨店や飲食関係などの接客業をしている人や新人研修などで行うこともあります。
喉から声を出すのではなく、腹筋を使っておなかから声を出すことにより、大きくて伸びの良い発声ができるようになります。
喉に負担をかけないように訓練されるので、喉の使い痛みや声の枯れも減少します。
トレーニング方法の基本は、腹式呼吸をしながらの発声練習です。
腹筋や空気椅子などをした状態で声を出すトレーニングを行ったりもします。
こうしたボイストレーニングは、実はダイエットにも効果があり、ダイエットメニューに取り入れている人もいます。
腹式呼吸をすることにより代謝が良くなると同時に、おなか周りが引き締まって余分なお肉が落ちるのです。
おなかの脂肪が気になる人は、ボイストレーニングを取り入れてみるのもひとつの対策です。

ボイストレーニングの先生になる

先生と言うと教員免許を持っている人を想像するでしょう。
しかし、資格を有していなくても先生と呼ばれている人もいます。
その中の一つにボイストレーニングがあります。
もちろん、音楽の教員免許を持っている人もなれますが、個人レッスン教室では特に資格が必要と言うわけではありません。
教えてくれることには変わりはないので先生と呼ばれます。
この人が今までどれくらいの実績があって、どのような経歴があるかは重要です。
その人以上のものを得ることは基本的には不可能だからです。
ボイストレーニングの先生が、音楽大学の先生か、地域の歌がうまい主婦かでは教えられるレベルに雲泥の差が出てきます。
もちろん授業料の多い少ないもありますが、無駄な時間を費やすことで何も習得できないのであれば教室に行く意味自体ありません。
歌がうまくなるには子供のころの音楽のセンスが大事で、絶対音感を持っている人とそうでない人では明らかに上手さが違う上、これを身につけるには子供のころから音楽に携わっていなければいけないのです。

recommend

リネン生地の販売
http://www.cotton-chack.com/

Last update:2017/3/2


↑上部へ戻る↑